奥さんや子供にも何かあったら

生命保険に加入していて助かるケースとして、ほかには、一家の大黒柱ではなく、主婦である奥さんが亡くなった時、会社で働いている旦那さんは、子育てもしながら働かなければならなくなります。主婦労働を外部サービスで調達するとかなりのお金が必要になるのです。そんなとき家政婦やベビーシッター等、どうしても対応できない部分を外部のサービスを利用する必要がでてくるわけです。こういったことに経済的に対応するためにも、生命保険が役に立ちます。

主婦でなくても共働きで働いている奥さんがなくなると、収入が半分になってしまいます。経済的なダメージを補うためにも生命保険が役に立ちます。また、お子さんがなくなった場合、子供の成長を楽しみにしていたご両親にとっては大きな悲しみですが、それを金銭で少しでも和らげたり、お子さんの部屋をリフォームして悲しい思い出を思い出さないようにするなど、それぞれの事情に応じて対応するときにもお金がかかります。

生命保険はライフステージの中で起こる様々な悲しい出来事に対し、少なくとも金銭面の心配がないよう、あらかじめ備えておくものです。生命保険の無料相談を行っているサービスもたくさんありますので、ファイナンシャルプランナーに相談することで自分に最適な保証も見つけることができるようになりました。加入しないことで迷惑する人がいなければいいですが、大切な人に影響が及ぶ可能性があるのなら、少額でも加入しておいた方がよいかもしれませんね。